憲法(日本国憲法)とは

日本では、日本国憲法が最高法規として位置しています。

第98条では最高法規に反する法規は、無効であると定められています。

この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。

第26条の第一項ですべての国民がひとしく教育を受ける権利、第二項で教育を受けさせる義務と義務教育の無償が規定されています。

すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を 受ける権利を有する。

2 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせ る義務を負ふ。 義務教育は、これを無償とする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です