初任者へおすすめの一冊 vol.16 「 『初等科数学科教育学序説―杉山吉茂講義筆記』杉山 吉茂(著)」

これから教壇に立つ方向けに、様々な分野で教育に関わる先輩方からおすすめの書籍をご紹介いただきました!
リレー形式で掲載していきますので、気になる書籍を見つけてみてください。


「初等科数学科教育学序説―杉山吉茂講義筆記」杉山 吉茂 (著)

おすすめの理由

年に最低1回は読み直す本です。算数についてとてもわかりやすく書いています。 私は教師になってから算数の実践研究を始めました。
何もわからないところからのスタートでしたが、教職3年目でこの本に出会った時、
「あのことはそういうことだったんだ!」と衝撃が走ったことを今でも覚えています。
最低限知っておいてほしい基礎の基礎を整理した1冊で、とても読みやすいです。
今から10年以上前に出版された本ですが、名著です。

おすすめしてくれた方

樋口万太郎さん

京都教育大学附属桃山小学校 教諭

▼ワークシート

実際に読んだ方は、ワークシート(PDF)も作成しましたので、もしよければダウンロードして使ってくださいね。

(企画:木村彰宏 / 編集:高野 雅子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です