「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた学校教育活動等 の実施における『学びの保障』の方向性等について(通知)」を図解

文部科学省は2020年5月15日、「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた学校教育活動等の実施における『学びの保障』の方向性等について」通知を出しました。

図解のPDF資料を作成しましたので、出典元と併せてご覧ください。

(共同編集:堀佳月/高野雅子)

PDF資料はこちらからダウンロードして自由にお使いください

2 件のコメント

  • 短期間で、きちんとわかりやすくまとめていただき、本当にありがとうございます。
    本稿とは関係ないところで、いくつか問題点もあるように思います。

    ・これを本当に実施したときに、学校で学びは成立するだろうか
    ・このような取り組みで、コロナ対策になるのだろうか
    ・このような取り組みを行ったところ、この程度感染が予防できたという実証はできるのだろうか
    ・教室ではこのような取り組みをしながら、職員室等では「三密」が平気で行われているなど「一応、やっています」というポーズに終わらないだろうか
    ・このような取り組みを行うことで、「だからICTを使った授業は必要ない」ということにならないだろうか
    ・無理やりに児童・生徒を登校させて、そのあいだ「じっと黙って座って」ということで、オンラインでの学習よりも学びの質が低下しないだろうか
    ・「自宅に高齢者がいるので出席させたくない」という御家庭に対してはどうするか

    さまざまな問題に、現場では立ち向かっていかなければなりません。

    • 丁寧なコメントありがとうございます。
      お返事遅れて申し訳ありません。
      教員の方でしょうか?このような通知に対して、現場にはどのような声があるのかというのはとても重要なことなので、大変貴重な問題点の共有をありがとうございました。
      私たちメディアにできることは限られていますが、可視化することで多くの方が現場の問題を自分ごととして考えていけるような情報提供をしていきたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です